自分でやるのとは雲泥の差があるマッサージ

自分でやるのとは雲泥の差があるマッサージ

自分でやるのとは雲泥の差があるマッサージ

定期的に家族にマッサージをしてもらっているのですが、やっぱり自分でやるのとはその効果に雲泥の差があるような気がします。というのも、自分でやっていると、どうしても面倒になってきますし、何より痛みに耐えかねて中途半端なマッサージになってしまうんですよね。例えば、私は体質的にしょっちゅう胃が痛くなるのですが、それを改善するために、肘の近くにある曲池(きょくち)というツボを中心にマッサージをしてもらっています。ちなみに、曲池には胃痛を和らげる効果が期待できるるのですが、胃痛に襲われているときに押してみると、それはそれはとんでもない激痛が走ります。なので、自分で押すのが怖くて怖くて・・。一方で家族にマッサージしてもらうと、なんだか安心です。もちろん痛みはありますが、声をかけてもらえますし、こちらの表情や声で大体の心情(痛がり具合)を読み取ってもらえるからです。他にも肩や腰、背中といった部位に関しても私が気持ちいいと感じる部分をしっかりと把握してくれているので、100%相手に任せることができています。なので、心からリラックスして臨めており、これもマッサージの効果を上げている要因の一つのような気がしますねえ。いずれにしても、マッサージをしてもらえるパートナーがいて本当に助かっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ
inserted by FC2 system